お仏壇の種類

お仏壇は、大きくわけて2種類に分類されます。 ひとつは、「金仏壇」といって、正式には「漆塗り金仏壇」といいます。
主に関西地方を中心に、東海、北陸で多く祀られ、それぞれの地方の特徴により、京型、名古屋型、金沢型などと呼ばれることもあります。
昔はそれぞれの地域性が強かったお仏壇ですが、今は購入される方のお好みでとくに地方性にこだわる必要はありません。

モダン仏壇(現代風仏壇)

最近では、金仏壇、唐木仏壇とは別に、伝統にこだわらない モダンなデザインの仏壇も人気です。 家具調とも呼ばれ和室に限らず洋間にも調和するデザイン、 シンプルでどんなインテリアにもフィットする仏壇も人気です。 マンション、フローリングなど最近の住宅事情を考えればこのようなモダン仏壇が人気なのもわかります。 メープル材を使用した美しい木目で、シンプルなデザインのお仏壇も豊富に揃っております。

金仏壇

金仏壇は、本来日本の伝統工芸品で、全体は黒の漆塗りで、内部には金箔が施されていますので、寺院のような荘厳さが特徴です。

金仏壇を選ぶときには、次のことに留意してください。

金仏壇の内部は、宗派によって、内部の形が違います。 浄土真宗用にも、本願寺派、大谷派、高田派など宗派によって内部のご本尊を安置する宮殿の形が違いますので、購入する際には宗派をまずご確認ください

唐木仏壇

唐木仏壇は、黒檀や、紫檀など、銘木の美しい木目を活かした仏壇で金仏壇に比べるとシンプルな形ですが、とても落ち着いた重厚なお仏壇です。日本の伝統的な美意識「わび・さび」が表現されているといわれています。真宗以外の宗派では、この唐木仏壇が主流とされてきました。
唐木仏壇に使われる木は、主に熱帯地方で育つ広葉樹が多く、以前は中国を経由して輸入されたために「唐木」といわれるようになりました。 唐木仏壇は木の種類によって品質に違いが生まれます。
その他にも、屋久杉や桑、欅などそれぞれが美しく、仏間に合う色調をお選びになるのがよいでしょう。