仏壇の選び方

初めてお仏壇を購入される方、またお仏壇の買い替えをお考えの方、 お仏壇の選び方がわからないという方、必読! まずはお仏壇の基礎知識を学びましょう!

お仏壇を置くスペースを決めてください。

仏間が決まったら、まずはその間取りをしっかり計測しておきましょう。
家具とは違い、お仏壇の大きさには神経を使います。ある程度、ゆとりのあるスペース取りをあらかじめ考えておく必要があります。
大きなお仏壇を置くスペースがないという方は、コンパクトサイズのお仏壇を選ぶ方法もあります。お仏壇を置くスペースに関してはあらかじめ、ご家族や親族ともお話会いをして決めたほうが、後々、面倒がありません。

仏間の計り方

お仏壇の幅のサイズは、扉を最大開いた状態を想定することが重要です!

お仏壇の入る幅を計測します。 通常は、センチやミリメートルで表示しますが、「号」で表示されている場合があります。その場合は、号数に3.3をかけるとセンチに換算することができます。

お仏壇には、通常扉が2枚あり、それぞれ二つ折りになっています。それを左右最大開いた幅が必要となります。

表示幅+四分の一幅+四分の一幅、 つまり表示幅に4.5かけた長さが最大幅となります。

お仏壇の奥行き

奥行きは、お仏壇の側面の一番長い幅となります。店頭で表示しているお仏壇の寸法はこの部分です。実際に置いた後、お参りするために扉を開きますので、この奥行きのさらに1/4程度の余裕があるとよいでしょう。
また、正面に座るスペースも必要です。おおよそ60cm程度の広さが目安となります。

お仏壇の高さ

仏間におさめる際には、高さにあわせて収まるサイズでも充分なのですが万が一、移動することを考えて、お仏壇より15センチ以上は隙間を作っておいたほうがよいでしょう。